🐯story104〜重なる記憶

急に廊下がバタバタと騒がしくなったかと思えば

“🐯story104〜重なる記憶” の続きを読む

🐯story103〜今日で終わり

🐰「あー…やっと終わった」

🐥「お疲れ〜。やばい眠すぎ、外は雨も降ってるみたいだし早く帰ろー」

“🐯story103〜今日で終わり” の続きを読む

🐯story102〜感謝の言葉…

そしてついにあの公園に着いた___

🐯さんと来たあの日以来、この公園に来る機会は無かったからなんだか懐かしく感じる

“🐯story102〜感謝の言葉…” の続きを読む

🐯story101〜公園までの道のり…

後半の撮影も無事終わると、メンバー達は控え室で着替えを済ませ、荷物を持って作業室のある上の階へと移動しようとしていた

“🐯story101〜公園までの道のり…” の続きを読む

🐯story100〜🐯さんにお礼を言う方法

次の日、メンバー達は自分達の番組の撮影を行なっていた

“🐯story100〜🐯さんにお礼を言う方法” の続きを読む

🐯story99〜息子の隣には…

その後庭に戻ると○○の所へは心配そうな顔をしたリアちゃんが駆け寄ってきた

“🐯story99〜息子の隣には…” の続きを読む

🐯story98〜きっとこの先…

こちらに向けられた冷たい視線に一瞬空気が張り詰める

“🐯story98〜きっとこの先…” の続きを読む

🐯story97〜雲の上の…届かない存在

初めて聞くその声に反応して、後ろを振り向くと

“🐯story97〜雲の上の…届かない存在” の続きを読む

🐯story96〜パーティの挨拶

○○は隣でドリンクを飲んでいたはずのリアちゃんがいつの間にか少し離れた所で先輩メイクさんたちと楽しそうに話しているのを見つけて、そちらへ駆け寄った

“🐯story96〜パーティの挨拶” の続きを読む

🐯story95〜あの日からの🐰の態度


一方…

スタッフ達を乗せた車は

パーティ会場に近づくにつれて変化が起きていた

“🐯story95〜あの日からの🐰の態度” の続きを読む