🐯story100〜🐯さんにお礼を言う方法

次の日、メンバー達は自分達の番組の撮影を行なっていた

この日の撮影は事務所内の広い部屋で撮影するという事もあって、メンバー達もスタッフ達ものんびりした空気の中撮影をしていた

撮影の休憩中にお礼を言うチャンスがあれば…と思っていたけれど、🐯の担当がチナ先輩だった為、そのチャンスはなかなか巡ってこなかった

(だめだ…これじゃいつまでたってもお礼が言えない…だけどこのままこんな形で感謝さえ伝えられないなんて嫌だ…)

少し悩んだ後、○○はある事を思いついた

(もしかしたら…手紙なら読んでくれるかもしれない………!)

○○はすぐに沢山ペンが置いてある場所に向かった

幸い、メンバーやスタッフ達も昼食をとっていて周りには誰も居ない

誰にも見られていない事を確認して、ちょっとした台の上でペンを走らせた____

(“あの時はありがとうございました”…、何か違う…“助けてくれてありがとうございました”…これも何か違う…)

頭に思いついた言葉を紙に書いてみたけれど、どれも納得いかない…

(やっぱり…直接言いたい…ちゃんと気持ちを込めて目を見てお礼をしたい…………。)

○○はどうすれば直接お礼が言えるかを考えた

仕事中はチナ先輩の目がある…

仕事終わりに残っていてもきっとチナ先輩に見つかってしまうだろう…

どこか…2人で話せる場所は…

(…そうだ…!一か八かだけどこの方法なら直接お礼が言える…確率は低いかもしれないけど……それでも…)

すぐに○○はある言葉を紙に書いた

“「伝えたい事があるので、公園で待っています」”_______

万が一この手紙を誰かに見られたらいけないから名前は書かなかった

だけどそのかわり、文字の隣に黄色い花を小さく書いた

(ちょうど黄色いペンがあって良かった…)

あの時一緒に見た黄色い花____

他の人にとってはなんて事ない花かもしれないけれど、○○にとっては特別な思い出の中にある花だった

🐯さんはもう忘れているかもしれないけど…

もしかしたら🐯さんが気づいてあの公園に来てくれるかもしれない…

最悪の場合は、気づいても来てくれないかもしれない…

ある意味賭けのようなものだったけれど、○○はこの小さな黄色い花に、想いを託した________

その手紙を2つに折り、どうやって渡そうか考える…

するとちょうどそこに、メンバー数名のカバンが置いてあるのが見えた

(あ…🐯さんのカバンもある…)

そのカバンを遠目から見ながらどうしようか考える…

カバンに勝手に入れるのは気が引けるから、そのカバンの下に、そっと差し込むことにした

メンバーのカバンが置いてある場所に近づいて、持っていた紙を🐯さんのカバンの下に差し込む

(気づくかな………)

誰かに見られる前にカバンからすぐに離れた

そして台の上で使ったペンを片付けて、何事もなかったかのように他のスタッフ達がいる方へ戻ろうとした

その時_____

「○○さん」

その声にビクッとして、振り向くと______

チナ「…もう撮影始まるから行った方がいいよ」

一番知られてはいけない人に話しかけられてしまった___

○○「あ、もうそんな時間ですか!」

驚きながらも、平然を装う

チナ「○○さん、今日🦄さんだよね?さっきお昼寝してたようだからヘアメイクが少し乱れてたよ?」

○○「あ、そうなんですね…!すぐに行きます…!」

そう言って慌てて走っていく○○

(びっくりした…!チナ先輩から話しかけられるなんて。もしかして…見られた…?でも普通だったし、見てたならきっとあの時みたいにその場で何か言われるだろうし……。話しかけられた時にはもうカバンから離れてたから大丈夫だよね)

大丈夫だろうと思い

あとはあの手紙が🐯さんに届くように祈った___

そして走っていく○○の姿を目で追うチナ先輩…

○○の姿が見えなくなると

チナ先輩は🐯のカバンの所まで行き、○○の差し込んだ紙をそっと抜き取った_____

○○が折りたたんだ紙を広げて、無表情でそこに書かれている文字を読む

チナ「……公園…?へぇ……約束破るつもりなんだ……」

そしてその紙を手のひらでクシャッと握り潰して、自分のポケットの中に入れた

チナ「どこの公園か知らないけど……一人でずっと待っとけば?……また明日目が腫れて出勤してくるかな……楽しみ」

そう呟くと、チナ先輩は持っていた何も書かれていない紙を一枚、二つ折りにして、○○と同じように🐯のカバンの下に差し込んだ____

投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

「🐯story100〜🐯さんにお礼を言う方法」への8件のフィードバック

  1. 絶対見つかると思いました😭
    チナめ…どこまで性格悪いの…😑
    この後の〇〇を想像すると胸が苦しすぎます…😭😭😭

    1. チナの野郎やっぱり一部始終みてたんですね😂
      ひどいこれ以上○○を泣かせないで!😭

  2. story100!!凄いです👏
    そして胸が締め付けられるお話…。
    ○○負けるなぁ~!

    1. コメありがとうございます!💜
      そして100話も読んでくださってありがとうございます😭💜
      ほんとありがたや〜😭

  3. 100話目おめでとうございます🎊
    本当にいつも更新ありがとうございます!そして、お疲れ様です💜

    〇〇…素直さが裏目に出てる💦
    切ないです、ほんとに。泣ける😭
    それに引替え、チナよっ😑。←笑
    そこまでしないと🐯が振り向いてくれないと思ってる時点で、○○には絶対勝てないのよ。
    🐯さんが来てくれるのを私も祈ってます👏🏻✨

    1. ありがとうございます😭💜
      嬉しいです🥺♡
      いつのまにかこんなにもお話が…🥺💓

      ○○の人の良さが本当に裏目にでてますね…
      ガッとサッとカバンに入れてしまいなさい!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。