🐯story99〜息子の隣には…

その後庭に戻ると○○の所へは心配そうな顔をしたリアちゃんが駆け寄ってきた

リア「○○ちゃん…!」

○○「……リアちゃん…」

その様子を見た🐯は、すぐに息子を連れて他のメンバーがいるテーブルの方へと行ってしまった

リア「もー!どこ行ってたの?すぐ戻るって言ったのに戻ってこないから心配したんだよ?」

○○「リアちゃん…遅くなってごめんね。」

リア「トイレでも行ってたの?」

リアちゃんは、○○のすぐ前を歩いていた🐯と息子さんの事は見えていなかったようだった

○○「えっと…ドリンクを取りに…」

リア「ドリンクも大事だけど、もうデザートタイムになっちゃったよ〜」

○○「え?そうなの…?」

さっきまで豪華な料理がたくさん用意されていたのに、いつの間にか全て片付けられていて、その代わり煌びやかなデザートに変わっていた

リア「早く食べよ♡」

そう言って○○の左腕をそっと掴んだリアちゃんに、ビクッと反応してしまう

リア「…どうしたの?」

○○「…ごめん…何でもない。デザート取りに行こ」

○○はリアちゃんと一緒にデザートを取っている最中、自分の左腕をそっと見た…

(……全然跡になってない…良かった)

幸い跡に残ったりはしてなくて、痛みもない…

(あの時、すぐに🐯さんが来てくれなかったら…)

考えただけでゾッとする…

○○は自分の左腕をそっとさすりながら

メンバーたちがいるテーブルの方を見た

🐯はメンバー達と一緒に息子さんも交えて楽しそうに会話をしているようだった

(もしも…チャンスがあるなら…ちゃんとお礼を言いたい…。偶然来てくれただけかもしれないけど…それでも…)

○○はその後もずっとチャンスをうかがっていたけれど、🐯は不自然なほど息子の隣を片時も離れなかった…

そしてチナ先輩がドリンクを片手にメンバーの周りで著名人の方々に挨拶をしていたので、なかなか🐯さんにお礼は言えずに時間だけが過ぎていった

その後は大トリでメンバーたちがステージでダンスと歌を披露して、パーティは盛り上がりを見せる中お開きとなった______

先輩メイク「パーティおわっちゃったね〜」

男性スタッフ「どうだった?念願の大富豪と話せた?」

先輩メイク「全然。私何か勘違いしてた。住む世界が違った。」

男性スタッフ「ははは、目が覚めて良かったね」

スタッフ達は仲良く会話をしながら庭を後にしていく

会場の出口には、招待客一人一人への手土産も用意されていて、みんなは感激しながらもその手土産を受け取り、帰りの車に乗り込んでいった

帰りももちろんメンバー達とは別々の車で、○○は停めてあった一番後ろの車に乗り込んだ

(会場ではお礼を言えなかったけど、事務所に着いたら言えるかな……)

そんな事を考えながら、リアちゃんの隣の席に座る

帰りの車の中でもスタッフ達は豪華なパーティの余韻に浸っていた______

スタイリスト「ちゃんと全員乗ってる??…誰も抜け駆けしてない?!」

先輩メイク「ちょっとまってね、1.2.3.4.5.…………いるいる!全員いる」

スタイリスト「楽しかったね、パーティ♪健全なパーティで安心して楽しめたよね」

先輩メイク「そうだね、また行きたいな♪」

スタッフ達がそんな話をしている中でも、○○はずっと窓の外を眺めながら🐯の事を考えていた…

事務所の駐車場について車を降りると、先に駐車場に着いたはずのメンバー達の車はどこにも無かった

○○「あれ?メンバーの皆さんの車はどこにいったんですか?」

スタッフ「メンバー達、そのまま宿舎に帰ったみたいだよ?」

○○「そうなんですか…!?」

スタッフ「そんなにびっくりして、何か用があった?」

○○「いえ…」

スタッフ「各々の荷物は車に積んであったみたい。メンバー達も疲れちゃったんだろうね」

○○「…そうですよね、仕事の後にパーティだと疲れちゃいますよね……」

スタッフ「私たちも疲れたし、はやく着替えて帰ろうよ」

○○「そうですね」

(…お礼…言えなかった…)

その後スタッフ達はメイク室や控え室に向かい、それぞれが私服に着替え、帰る準備が整った人から帰っていった_______

投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

「🐯story99〜息子の隣には…」への2件のフィードバック

  1. 素直で律儀な〇〇が好きっ!!
    前にもなかなかお礼が言えなくて…
    な~んて事ありましたよね☺️💜
    大丈夫!🐯さんにお礼を言える日は、きっとまた来るから👍🏻✨
    今日ちょっと嫌なことがあったけど更新メールがきてHappyになれました🥳
    ありがとうございます🙇‍♀️💜

  2. ○○は本当いつも素直ですよね♡♡☺️
    憎めない💜💜
    すこし嫌なことあったんですね🥺🌸
    すこしhappyになってくれて嬉しいです😂
    ゆっ!さんにとって明日はもっと良い日になりますように🥰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。