🐯story67〜カメラの中の世界

メイク中もたくさんの会話をした

楽しくて…癒されて…幸せな時間_____

会話の内容は、全部たあいもない話なのに、全部特別で、彼の言葉、笑い声、表情、仕草、全てを記憶に焼き付けたくなる______

メイクが終わりヘアセットをしようと思って、彼の髪に付けていたヘアクリップを丁寧に外すと

🐯「ねぇ、ちょっとカメラ取りに行っていい?すぐそこのカバンの中にあるんだけど」

○○「カメラですか?いいですよ!」

🐯はその返事を聞くと、ソファの上に置いていた自分のカバンの所まで行き、カバンの中からケースに包まれたカメラを取り出した。

カメラを持ってまた鏡の前まで来ると、🐯はカメラを頑丈そうなケースから出しながらストンと椅子に座った。

○○「この前のカメラと同じですか?」

彼の明るい色の髪の毛に丁寧にくしを通しながら質問する

🐯「うん、そうだよ。」

そう言いながらカメラの電源を入れると、画像を何枚かスクロールして何かを探しているみたい…

彼の撮った風景写真がスクロールされる中、彼は一枚の写真に手を止めた

(あ…これって…)

🐯「この前撮った写真」

その写真は、前に夜に2人で訪れた公園の風景写真だった______

1枚一枚丁寧に見ていく🐯…

彼の目からあの風景はこんな風に見えていたんだ…なんて考えながら、ヘアセットをする手を止めて一緒に“彼の頭の中から切り取られた風景”を覗く

月の光に照らされた黄色の花と…暗くても青い空…一瞬にしてあの時間を思い出す

もう一度彼が写真をスクロールすると、そこに写っていたのは…

○○「あ…」

そこには、目の前の綺麗な風景に翻弄され、息を飲んで立ち尽くしている自分の姿があった

🐯「この写真…○○さんがこの時考えてる事が今にも伝わってきそうでしょ?」

○○「ほんとに……今にも聞こえてきそうです…」

🐯「すごいよね、1枚の写真なのにね」

○○「はい…」

本当に心の中まで見透かされているような写真…

すると🐯が独り言のようにそっと言葉を漏らした

🐯「……まるで…」

○○「……?」

よく聞こえなかった○○が隣で不思議そうにしている間も🐯はその写真をずっと眺めていた

○○「🐯さん…?」

呼んでも返事のない🐯は完全に写真の世界に入っていってるみたい

その姿を微笑ましく見つめながら、

“今頭の中でいろんな事考えてるんだろうな…”なんて、また1つ彼の素敵なところを見つけて嬉しくなる_____

そんな彼の邪魔をしないようにそっとヘアセットの続きをしていく

ヘアセットがあと少しで完成しようとした時、それまで静かにカメラの中の画像を見ていた🐯が口を開いた

🐯「あ………なんかごめん!」

少し慌てている🐯を見ながら首を横に振って答える

○○「全然、大丈夫ですよ」

🐯「…よかった」

ほっとしたような表情をする🐯

○○「他にも素敵な写真があれば見せてもらってもいいですか?」

🐯「え?俺が撮ったもので良ければ全然見ていいよ!お気に入りの写真ちょっと探すね」

○○「じゃあ、ヘアセットがあと少しで終わるんで、その後たくさん見せて下さい♪」

その後は🐯さんにお気に入りの写真を見せてもらいながら、幸せなひと時を過ごした____

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF' 〜JAPAN EDITION〜(初回限定盤)【Blu-ray】 [ BTS ]
価格:6728円(税込、送料無料) (2019/8/27時点)


投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

「🐯story67〜カメラの中の世界」への2件のフィードバック

    1. 既視感のあるコメントにおもわず吹き出しました♡笑
      ありがとうございます💜💜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。