🐯story63〜パーティの誘い

生放送も無事終了し、メンバー達はトロフィーを嬉しそうに抱えながらステージ裏を通り控え室に移動していく

🐹「やー、嬉しいなー!今日はよく眠れそうだな!」

🐨「新曲が出て、いいスタートですね!頑張って作曲してよかった」

メンバー達は興奮冷めやらぬようで、楽しそうに会話をしている。

そこへ、スーツを着て身なりのきちんとした、中年の男性が話しかけてきた________

「こんにちは、今日のステージを見させてもらったよ。1位おめでとう」

メンバー達は“誰だろう?”という顔を一瞬したけれど、🐨だけは誰だかわかっているようで、すぐに丁寧に挨拶をする

🐨「ユンさんこんにちは、リーダーの🐨と申します。嬉しいお言葉ありがとうございます。今日はテレビ局にいらっしゃったんですね!お会い出来て嬉しいです。」

そう言って深々とお辞儀をすると、他のメンバー達も続けてお辞儀をする。

ユン「ははは、さすが、世界で活躍するアーティストは普段から礼儀正しいね。今日はここへ君たちのパフォーマンスを観にきたんだ。この後社長に会いに事務所に行かせてもらう事になっているから、もしかしたらまた会うかもしれないな。」

🐨「僕たちを観にきてくださるなんて光栄です。この後社長とあう約束をしてらっしゃったんですね。」

🐨はそう言うと、中年男性の斜め後ろに立っている、整った顔をした長身の男性に気がつく。

こちらの男性も身なりがきちんとしており、スーツをきちんと着こなしている。手には高級腕時計がつけられており、靴もピカピカに手入れされていて、見るからにお金持ちそうな外見をしている。

🐨「あの…失礼ですが、そちらの男性は…?」

ユン「ああ!こいつは私の息子だよ。今日は社長に息子を紹介しようと思って連れてきたんだ」

🐨「そうだったんですね!ユンさんに似て、ハンサムで素敵な方ですね。よろしくお願いします」

すると、ユンの斜め後ろにいた息子はペコっと形だけのお辞儀をした。

ユン「ははは、躾が行き届いてなくて申し訳ない。まあまだ若いから大目に見てやってくれ。」

🐨「いえいえ、とんでもです。」

ユン「君たちの社長にも伝えるつもりだが、今度パーティーを開く予定があるからみんなで遊びに来てくれ。きっと君たち程のアーティストが来れば、みんな喜ぶ」

🐨「それは…招待していただいて光栄です。またその話は社長と話をしてみます」

ユン「まあ、君たちは人気で忙しいだろうから、スケジュールは無理のないようにな」

🐨「いえ、そのようなお言葉ありがとうございます。」

○○はその時、ちょうど近くでメイク道具を移動させていて、メンバー達が誰かと話をしている脇を、邪魔にならないようにそっと通ろうとしていた。

(すいませーん…とおりまーす)

彼らが通路の真ん中で話をしていたので、心の中でそっと呟きながら、静かに通り過ぎた

○○が通り過ぎると、息子が何やらユンにコソコソと耳打ちをした。

ユン「ん…?なんだ?スタッフ達も?」

🐨「…??」

ユン「いやー…、息子が、パーティーにスタッフさん達も来て欲しいみたいだから、そう社長にも伝えてみるよ」

🐨「それは…また珍しいですね…!」

ユン「まあ、人数が多い方が盛り上がるだろうし良いかも知れないな。じゃあ、私達はこれで失礼するよ。」

🐨「あ…はい!今日はありがとうございました。失礼します」

他のメンバーたちも次々に頭を下げて挨拶をしていく

ユンと息子がその場から居なくなると、メンバーたちは話を始めた

🐥「さっきの方は…うちの社長の友達ですか??」

🐨「ああ、そうだよ。古くからの友達らしい」

🐻「へー。すごくお金持ちそうでしたね」

🐨「…うちの会社にいろいろと投資もしてくれているらしいから、あまり失礼の無いようにな」

🐰「そうなんですね…!じゃあ、パーティとかであまり失礼な事しないようにしないといけませんね」

🐯「パーティかー…スタッフさんも一緒…」

🐰「何ですか?🐯さん」

🐯の独り言に反応する🐰

🐯「ん?いやー、パーティとか、楽しみだなーと思って」

🐹「🐯、食べ物につられてるんだろー??」

🐯「へへへ、いっぱい食べましょうね♪」

そう言って子供のような笑顔になる🐯

🦄「他の有名人とかも来そうだよね?」

🐨「さっきの方は顔が広いから来るだろうな」

彼らは会話をしながら自分達の控え室に戻っていき、この日も無事に一日の仕事を終えた________

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF' 〜JAPAN EDITION〜(初回限定盤)【Blu-ray】 [ BTS ]
価格:6728円(税込、送料無料) (2019/8/27時点)


投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

「🐯story63〜パーティの誘い」への2件のフィードバック

  1. こんにちは^^
    先日はコメントにお返事ありがとうございました😭✨

    社長のお友達の息子…
    パーティーにスタッフも来て欲しいって…
    まさか〇〇に一目惚れ??笑
    気になりますー。

    また楽しみにしてますね♪

    1. コメントありがとうございます♡♡
      息子さん…一体どうしたのでしょうか…??♡🐯はなんだか楽しみにしてますねぇ♡♡
      いろいろ絡まってきましたね♪
      楽しみにしてくれて嬉しいです😂💕
      また近々更新するのでよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。