🐯story57〜🐯さんからのお願い

彼の「彼氏は居ないの?」という質問に答える

○○「………いますよ♪」

すると予想外にも🐯が少し驚いたような困惑したような複雑な表情をみせる

🐯「あーそっか…いるよね」

そしてそう言ったっきり、鏡の方を向いてしまい何も言葉が返ってこなくなってしまった。

(あれ??会話が終わっちゃった…?どうしたのかな?あ…そうだよね…私の恋愛事情なんて興味あるわけないもんね)

○○「🐯さん…?あの……彼氏は…」

思っていた反応と違うしなんだか全然盛り上がらないので嘘だと言うことを話そうとした

🐯「あーごめんごめん。…………でもさ、毎日メイク室に残ってて彼氏に会えてないんじゃない?……大丈夫なの?」

(あ、ちょっとだけ引っかかってくれた…?)

会話が続いたのでとりあえずエイプリルフールの嘘を続行する

○○「毎日会ってるんで大丈夫ですよ」

🐯「毎日会ってるの???もしかして一緒に住んでるの?え?それともスタッフさん?……」

いつものんびりな彼なのに、急にすごいスピードで質問責めをしてくるのでびっくりする

○○「スタッフさんじゃないですよ」

🐯「…………もしかしてメンバーの中にいるの…?………🐰とか」

🐯が大きく目を見開いてありえない回答をしてくるので笑ってしまいそうになる。

○○「ちがいますよ」

🐯「はぁ……もー誰?」

🐯は椅子に座りながら足をだらんと伸ばしてため息をつきはじめたし、自分で言っててものすごく虚しくなってきたので、そろそろ話のオチに持っていく事にした

○○「あの、彼氏っていうのは…………」

その言葉に🐯の視線が完全に○○の顔に集中する

○○「…………これです!」

そういって鏡の前に綺麗に並べたメイク道具たちを指差した

🐯「………」

さっきまで沢山質問してくれていた🐯が静かになり、○○が指差したメイク道具をなんとも言い難い顔で凝視する

○○「はは…なんちゃって………。」

なんだかすごく恥ずかしくなって、どんどん小声になる。

🐯「…….…」

🐯がメイク道具からゆっくりと○○に視線を移す。

🐯「あー…………彼氏沢山いるんだね。…じゃあ俺は邪魔しちゃ悪いから帰るね」

そう言って座っていた椅子から立ち上がろうとする

○○「え?まっ…」

🐯がそんな事をいうので少し焦ったけれど、🐯の表情を見ると、こちらも笑いがこみ上げてきた。

🐯(ニヤニヤ)

🐯があまりにもわざとらしく口角を上げてニヤニヤするので笑いを我慢できなくなってしまった。

○○「ごめんなさい」

笑いながら謝る

🐯「もー本当、なんかよくわかんないけど凄いダメージ受けたんだけど…」

○○「………え??あ、本当に嘘ついちゃってごめんなさい!」

🐯「もう、俺を騙したりしないでね?」

○○「はい………!もうしませんごめんなさい」

もう“ごめんなさい”しか言葉が出てこない

こんな恥ずかしい嘘、言わなければよかったと後悔の渦に飲み込まれて俯いていると、椅子に座りなおした🐯が顔を覗きこんできて目があった

🐯「ねー、騙されてすっごい傷ついちゃったからさ、一個だけお願い聞いてよ」

すごく意地悪そうな笑みを浮かべてそんな事をいうので、どんなお願いなのか少しヒヤヒヤする

○○「お願い…ですか?」

🐯「うん。聞いてくれる?」

○○「えっと…」

🐯「いい?」

🐯に顔を覗き込まれたまま、返事を迫られて戸惑う…

だけどエイプリルフールとはいえ、騙した事が申し訳なかったので、コクンと小さく頷いた

すると🐯の表情がパァっと明るくなる。

🐯「本当に!?いいの?」

○○「はい…」

🐯が少年のように無邪気に喜ぶので、どんなお願いでも聞いてあげたくなった

🐯「じゃあさ、○○さんって車通勤だよね?練習が終わったら公園まで車で乗せてってくれない?」

○○「…へ?公園ですか???」

どんな難しいお願いをされるのかと思っていたのに、あまりにも簡単なお願いだったので、拍子抜けしてしまう。

🐯「うん、いい?」

○○「もちろんですよ!私の車で良ければ…!」

🐯「じゃあ、決まり」

そう言うと、🐯は鏡の前のヘアクリップを手に取り、慣れたように自分の前髪を止めて、はやくメイクしてくれと言わんばかりにぎゅっと目を閉じた。

🐯「はやく練習して公園行こ!」

明らかにウキウキしている🐯がなんだか可愛くて笑ってしまう。

(🐯さん、公園が好きなのかな?早く行きたそう…でも公園で一人で何するつもりなのかな?あ、誰かと待ち合わせでもしてるのかな?)

いろいろと謎だったけど、とりあえず練習が長引かないようにしようと思って、手早く真剣にメイクをしていった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF' 〜JAPAN EDITION〜(初回限定盤)【Blu-ray】 [ BTS ]
価格:6728円(税込、送料無料) (2019/8/27時点)


投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。