🐯story34〜コンサート前の自由時間

○○の座っている席から🐯の姿がチラッと見える

(あれ?さっきまではしゃいでたのに、いつの間にか寝てる。🐯さん、何か手元に抱いてないと寝れないのかな?なんか可愛いな…)

飛行機に置いてある簡易的な枕をぎゅっと抱きながら眠る姿を見てなんだか胸の奥がフワッとする

そして急に湧いてきた感情少しに戸惑う……

(………何考えてるんだろわたし……可愛いとか…)

湧いてきた感情に無意識に蓋をして、純粋に空の旅を楽しもうと窓の外をみた

窓の外は太陽の光が反射した雲が綺麗で、空の青と海の青がどこまでも広がっていた…久しぶりの飛行機と海外にワクワクする。

(ここで働かせて貰ってから、いろんな経験が出来て本当に楽しいな。今のうちにたくさん知識を吸収して、成長したいな)

そんな事を考えていると、あっという間に飛行機は着陸態勢になり、空港に着いた。

空港で入国の手続きを済ませるとまた沢山の記者たちが待ち構えていた。

カメラに向かって手を振ったりお辞儀をしたり、ここでもメンバーの性格の違いが出る。

深々と帽子をかぶってペコッとカメラに向かって挨拶するメンバー、大きく手を振るメンバー、礼儀正しくお辞儀をするメンバーもいれば、ニコニコしながら手を振るメンバー。

彼らの行動一つ一つがカメラの向こう側のファンを歓喜させる。

この後ホテルにチェックインした後は、コンサート会場に向かい、リハーサルの準備をする。

コンサート会場に着いて、ステージや観客席を見渡してみると、あまりの迫力にクラクラする。

(今日はここで仕事をするんだ、大きいな…。)

メンバー達がリハーサルを念入りに行っている間、スタッフやメイクさん達は段取りの確認の最終チェックを行ったり、準備をしていく…

メンバーやスタッフ達は常にバタバタしているわけではなくてリハーサルをしていない時間は、夕方から行われるコンサートに備えてゆったりと時間を過ごした。

🐨「🐹さん、リハでのダンス調子どうでした?」

🐹「ああ、今日の調子は凄くいいみたいだ」

🐨「俺もです」

ソファに座ってなにやら会話していたり

🦄「お?なんか美味しそうですね!」

🐭「食うか?美味いぞこれ。」

🐻「俺にもください」

🦄「やっぱりコンサート前にはエネルギー補給ですね。」

🐭「だけどあんまり食べすぎるなよ?衣装がキツくなる」 

🦄「じゃあ1つだけいただきます」

《パク…むしゃむしゃ》

🦄「わ、これ美味しい!もう一個もらいますね!」

🐻「わ!ずるいです!俺ももう一個!」

🐭「…おい」

普段ストイックな3人がコンサートの為にエネルギー補給をしていたり。

🐰「🐥さん、この曲聴いてみてください」

🐥「ん?何?聴かせて」

片方のイヤホンを🐥の手にポンっと載せる🐰

🐰「サビがめっちゃ良くないですか?」

🐥「おー、いいね。お前の声のキーにも合ってるし、カバーとか出来そう」

🐰「やっぱりそう思います?多分このキーだったら楽に出るんですよね。夜練習しようかな」

🐥「お前…ホテルの部屋で夜中に大音量で曲流して歌うなよ?」

🐰「夜中じゃ無かったらいいですか?」

🐥「ホテルの部屋どこ?」

🐰「2020ですけど」

🐥「うわ、隣だ。絶対歌うなよ!」

🐰「…」

仲良く曲の話をしていたり。

そして1人、なにやら探し物をしているあるメンバーがいた________

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF' 〜JAPAN EDITION〜(初回限定盤)【Blu-ray】 [ BTS ]
価格:6728円(税込、送料無料) (2019/8/27時点)


投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。