🐰short story2【前編】〜元彼と思い出のパジャマ

もうすぐ夏が来るから衣替えをしようと思って、自分の部屋のクローゼットの奥にある夏用の服が入った透明の収納ケースを引っ張り出した

その中にはたくさんの洋服が入ってて、こうやって衣替えをするたびに

“あー1年って早いな…”なんて思ったりする

(今年もこの洋服着れるかな…?)

一つ一つ洋服を手に取って、確認しながらチェストに移していく

その時作業をしていた手がふと止まる______

(………これ…)

伸ばした手の先にあったのは去年の夏に着ていたパジャマだった…

それは元彼の🐰と一緒に買ったもの_______

ゆっくりとそのパジャマを手にとってみると…

1年前のものなのに、彼の家で使ってた柔軟剤の匂いがフワッと香った

(わ…なんで…1年前のなのに)

その香りとともにいろんな思い出が蘇ってくる

🐰と一緒にパジャマを買いに行って、“お揃いは恥ずかしい”とか、“寝るときは上は脱ぎたい”とかいって嫌がってたけど結局色違いのパジャマを買って一緒に着て彼の部屋で過ごした事

何回言っても洗濯物をする時に🐰が柔軟剤を入れすぎて、部屋中がその匂いになってた事

乾いた洗濯物をお店みたいにきっちり畳まないと“ほんと下手くそ”とか笑いながら文句言われてた事とか…

いろんな事を思い出す…

🐰とは気が合ってなんでも話せて、結構仲良くて…上手くいってたはずだったのに…忙しくてだんだんすれ違うようになっちゃって…

あんなにたくさん一緒に過ごしたのに

こんなに好きになる人なんてもう絶対あらわれないって思う程だったのに

最後はあっけなく終わってしまった

別れた後🐰に呼び出されてこのパジャマを返されたとき…

“…もう必要ないのに”

なんて思ったけど、どうしても捨てられなくて…ずっとずっとそのままの形でしまってた

彼との思い出がたくさん詰まったパジャマ…

嫌いになって別れたわけじゃなかったから、🐰の事を忘れられずに辛くて…戻りたくて…

毎日泣いてた…

私がスマホを紛失してからは連絡先ももちろんわからなくなって

時の流れがだんだん自分の気持ちを整理させてくれて、やっと彼の事を考えない日が普通になってきたところだったのに…

パジャマを持ってた手に力が入って、気がついたらパジャマに顔をうずめながら涙を流してた…

(ずるいよ…せっかく忘れてたのに…)

どのくらいの時間泣いてただろう…

今まで無理やり忘れようとしてたぶん、急に思い出した時の反動がすごくて

全然涙が止まってくれなくて…泣き疲れて、体操座りのままいつのまにか眠ってた__________

つづく

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF' 〜JAPAN EDITION〜(初回限定盤)【Blu-ray】 [ BTS ]
価格:6728円(税込、送料無料) (2019/8/27時点)


投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。