🐯story21〜収録中の🐰の顔色

ヘアメイクが完了した🐰は次は衣装に着替ないといけないから、スタイリストさんにヘアメイクが終わった事を報告して、今度こそ🐰を起こさないといけない。

今までは起こさないように気をつけていたけど、今度は本当に起きてくれるか心配になってきた。体調のこともあるし、なかなか起きないかもしれない。 

(起きるかな…?)

〈トントン…〉

すこし遠慮気味に肩をたたく。

🐰「…………ん」

メイクとヘアメイクの間ずっと寝ていたからか、意外にも反応があった。

そしてゆっくり目を開ける🐰

寝起きなのでぼーっとしている。

心なしかさっきよりかは体調もよさそうに見えた。

🐰「……………」

○○「🐰さん、体調大丈夫ですか?いまヘアメイクまで終わったんで、次は衣装に着替えないといけないです…動けますか?」

🐰「……はい」

その言葉を聞いて少しホッとする

🐰「……………さっきより楽かも」

やっぱりまだぼーっとしていて、口数もすくないけれど、すこし寝たおかげか体調も少し回復してきたみたいだった。

(よかった…)

すると時間があまりなかったらしく、奥で待っていたスタイリストさんがやってきて、ぼんやりした🐰をゆっくり誘導しながら連れて行ってしまった。

そして体調に気に配りながらも、どんどん着替えを進めていく。

もはや🐰は人形のように、なすがままだった。

(ここはスタイリストさんに任せて、私はソファの周りのものを片付けてこよう)

誰かがつまづいて怪我をしてはいけないので、急いでソファの周りで使った道具を片付けて、外に持っていく道具も準備をした。

この日は動画配信サービスで放送している番組の収録があり、テレビ局へ移動し、撮影をした。

○○は🐰の体調に気に配りながらもメイク直しをしていたけれど、気分も少しずつ良くなってきたみたいで、収録中にもいつもの笑顔が出てくるようになり、無事何事も無く収録を終わらせることができた。

その後は新曲のCDに付属する特典の為の写真撮影。

彼らの仕事は常に分刻みだった。

全ての仕事が終わって事務所に帰った頃にはもうすっかり日が暮れていた。

帰りに車に使った道具などを詰め込み、大きなワゴン車に乗って帰る。

スタッフ用とメンバー用の車がわかれているのだけど、○○がスタッフ用の車に乗ろうと後ろの方で待っていると、急に🐰に呼び止められた。 

🐰「○○さん、今日はありがとう…」

そういって、朝よりも具合の良さそうな🐰がお礼を言ってくれた。

○○「あ…全然大丈夫ですよ!もう具合は良さそうですね。帰ってからもゆっくり休んでくださいね」

🐰「うん」

(🐰の顔色も良くなったみたいで良かった…)

🐭「おーい、🐰置いてくぞ?」

🐰「あ、はい」

そうしてメンバーもスタッフも全員車に乗り込み、事務所のある建物へ移動した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BTS WORLD TOUR ‘LOVE YOURSELF' 〜JAPAN EDITION〜(初回限定盤)【Blu-ray】 [ BTS ]
価格:6728円(税込、送料無料) (2019/8/27時点)


投稿者: banta-story

はじめまして。 この小説はBTSとは関係のないBTXというグループとの恋愛小説ですが、彼らの事も好きになってくれたら嬉しいです♡ どうぞよろしくお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。